NRP(ナノテクリサーチプロフェッショナル)コース

アライアンス内の若手研究者(助教・ポスドク等)を対象に、複数分野に渡る高度な専門知識の融合と先端機器等の駆使により、主体的に新たな知の創生を牽引する次世代研究人材の育成を目指します。共鳴場を活用した先進的かつ独創的な研究テーマを提案した育成対象者に対し、共同研究や国際レベルでの人的交流などの機会を提供し、キャリアアップの可能性を広げるためのサポートを行います。
育成対象者は、コンソーシアムの中において、ある機関から他の機関へ派遣され、派遣先のホスト研究者とともに共同研究を実施する中で研究主宰者として新たな研究領域の開拓や、民間企業研究職に求められる素養の習得などを行うことにより、民間企業や他の研究機関・大学にキャリアアップしていくことを目標としていただきます。

支援対象について

以下の全ての要件を満たす若手研究者。

  1. 博士号取得後10年以内又は同等程度の研究経歴(博士課程に標準年限以上在学し、所定の単位を修得した上、退学した(いわゆる「満期退学者」)で、退学後10年以内の研究者。) を有する者で、かつ40歳未満(但し、臨床研修を課せられた医学系分野においては43歳未満)の者。
    (※平成27年4月1日時点における年齢)
  2. 原則、助教を想定。(講師、准教授でも可)
  3. 雇用期間は5年を標準とする (ただし、平成31年度の補助はありません。)
  4. 平成27年度中に着任を予定する者。

※新規雇用者を対象としておりますが、既に雇用されている者を本経費として推薦することも可。
(ただし、京都大学においては、本事業費での人件費補助は、人件費の振り替えが出来る特定教員、特定研究員及び時間雇用教職員(研究費、外部資金等により雇用されている教職員(ポスドク含む))のみ行います。)

NRPホスト研究者リスト / List of NRP Host Researchers

こちらをご覧下さい