NRP(ナノテクリサーチプロフェッショナル)コース

育成対象者は、「つくばイノベーションアリーナナノテクノロジー拠点(TIA-nano)」のうち希望する機関へ本学より派遣され、派遣先のホスト研究者とともに研究主宰者として共同研究を実施し、新たな研究領域の開拓や、民間企業研究職に求められる素養の習得などを行うことにより、民間企業や他の研究機関等へのキャリアアップを目指すものです。(TIA-nano構成機関:産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、高エネルギー加速器研究機構、筑波大学)  詳細は募集要領をご覧ください。

支援対象について

以下の全ての要件を満たす若手研究者。

  1. 博士号取得後10年以内又は同等程度の研究経歴(博士課程に標準年限以上在籍し、所定の単位を修得した上、退学した(いわゆる「満期退学者」)で、退学後10年以内の研究者。) を有する者。
  2. 平成30年4月1日時点で40歳未満(但し、臨床研修を課せられた医学系分野においては43歳未満)の者。
  3. 原則、助教相当を想定。(講師、准教授でも可)
  4. 新規雇用者の場合、平成30年度中に着任を予定する者。(※既に雇用されている者を本事業へ推薦することも可。)

京都大学では、募集要領に記載の応募要件に加えて、本学に所属する常勤教員(特定有期雇用教員および特定研究員を含む)であり、育成期間中(原則4年間)の本学での雇用が確保されていることを要件とします。また、特定有期雇用教員及び特定研究員の場合は、勤務時間内での雇用元のプロジェクト等以外の活動が認められている場合に限ります。

なお、平成28年度以降、本事業での人件費補助はございません。

NRPホスト研究者リスト / List of NRP Host Researchers

こちらをご覧下さい

京都大学における応募方法

こちらをご覧下さい